”FU" その記録 カメラアイ '66/2 写真・文=荒木のぶよし(経惟)

   ここにFU(フー)と呼ばれているひとりの若い女性がいる
という一文とともに写真が始まり、艶やかな都会で暮すひとりの女性の孤独に迫っています。
記載されているFUの履歴書によると、「本名、武田文江。1942年生まれ。練馬区に住む。4人兄姉の末っ子。高校を出てから、服飾学院を卒業した。無職。賞罰なし。職なし。品行方正。特技=料理と服飾デザイン。・・・・・・・・・・・・・・・・・」といったように、後の荒木を彷彿させる細かな設定づくりがなされています。
   死ぬことはさびしい やっぱりひとりぽっちはさびしい
   いまの東京-日本 FUはどこにでもいる
と、壁を背に立ち尽くす姿で締めくくられています

1964年第1回太陽賞「さっちん」から2年、
荒木経惟25歳、あの名作『センチメンタルな旅』の5年前の作品です。

再入荷 "FU" その記録 カメラアイ'66/2
  撮影・文 荒木のぶよし(経惟) 10ページ掲載 
月刊 太陽 平凡社 1966年2月号 
  特集 雪国の秘事能 
状態 経年による傷み有り
order number : 015S-K039
price :¥2.500